大手ガラス修理業者はなぜ低価格が実現できるのでしょうか?

子ページのヘッダー画像

全国規模のガラス修理業者の企業戦略とは?

大手のガラス修理業者は、インターネットやフリーダイヤルからも依頼ができる点や、迅速な対応をしてもらえるなどの様々なメリットがあります。
ガラス修理業者の全国対応の仕組み

大手ガラス修理業者が全国対応できる訳

大手ガラス修理業者は、全国対応にすることで個人経営などの小規模修理業者と比較して費用をより安くできています

では、どうしてガラス修理業者は、全国対応を可能とすることで修理費用を抑えることができるのでしょうか?

大手ガラス修理業者は、全国に営業所を設けることで、その地域を専門に受け持つことができ、同等のサービスを全国対応で行えるようになっているのです。

例えば、北海道・東北・中部・近畿・中国・四国・九州など、いつくかの管轄に分けて専門的に受け持つことができるため、素早い対応ができる仕組みとなっています。

携帯を操作する女性

こうした全国対応のガラス修理業者への依頼は、インターネットからでも行うことができます

まず、インターネットサイトよりガラスの損傷状況・ガラスの種類・サッシのタイプなどを入力すると、業者よりおおよその見積もりや修理の日時などを連絡するという仕組みです。

また、急いで修理を依頼したい方は、フリーダイヤルで修理の依頼をすることもできます

業者によっては依頼した当日に訪問して修理を行ってくれるところもあり、迅速に対応してくれます。
これも、その地域を専門に管轄していることで、地域情報もある程度把握することができるため当日修理も可能なのです。

修理時間は、事前に修理してほしいガラスの状況を伺っているので、1枚あたり約40分程度で作業を行うことができます。

また、他のメリットとして、規模を拡大することにより提供するサービスの料金を安くすることもでき、
これが大手ガラス業者の大きな特徴でもあります。

規模拡大が低料金化に繋がる理由

プライス

大手ガラス修理業者が全国規模で事業展開することで低料金にできる理由はいくつかあります。

1つ目は、大手のガラス修理業者になると、一般の流通ルートとは別に独自の流通ルートを持っていることが多いためです。

一般の流通ルートは、メーカー・商社または問屋・販売店・リフォーム業者を経て、お客様へサービスを提供するような流れになります。

一方、大手業者の場合は、メーカー・大手業者の営業所を経て、お客様へサービスを提供する流れになります。

メーカーから直接仕入れを行うことで間に他の業者を通すことがないので、
流通ルートを簡素化することができ、それだけ経費を削減することができるのです。

2つ目は、全国規模で展開することで大量仕入れが可能となり、より安価で商品を仕入れることができるからです。

大手業者になると、いくつかの大手サッシメーカーと独自提携を行っているところもあるため、こうした価格提携が可能となるのです。

小規模の修理業者になると、修理を希望するガラスのタイプを聞いてからメーカーに発注を掛けるという仕組みが多いため、大手業者と同じタイプのガラスであっても1枚の料金に大きな差が生じてしまいます。

小規模業者としては、大量仕入れによる在庫は出来るだけ持ちたくないという気持ちがあるため、こうした手段をとっているのです。そのため、大手業者よりも修理が完了するまでに時間も掛かってしまうことが多いです。

3つ目は、同等のサービスを行える施工の専門家がどの地域にも常駐している点です。

大手業者には多くの優秀な人材がいるので、その社員を全国の営業所に派遣することで、迅速かつ適確な修理を行うことができます。また、専門的知識もしっかり持ち合わせているため、お客様からの質問や相談などにもしっかりと対応することができます。

このような理由から、大手ガラス修理業者ではガラス修理をより低料金でお客様へ提供することができるのです。

▼ menu