気だるい暑さを少しでも減らして、快適な夏を過ごしましませんか?

子ページのヘッダー画像

窓からの暑さを防ごう!

窓の暑さ対策で夏を乗り切るには、カーテンボックスや断熱性のあるカーテン、すだれなど窓周辺の対策が手軽で効果的です。冬の寒さ対策を含めて窓交換などのリフォームを検討しても良いでしょう。
窓の暑さ対策で夏を快適に
窓から入ってくる夏の日差し

夏は採光のためにカーテンや雨戸を開けると、太陽光や外の熱気で室内が暑くなってしまいます。
暑さはエアコンだけで対処できると簡単に考えている方もいますが、室内温度上昇要因の約7割は窓からの熱気の侵入です。
窓の暑さ対策を行えば、エアコンの消費電力も抑えて快適に夏を乗り切ることができます。

カーテンボックスは安くて効果抜群

遮光カーテンを付けている家庭では、カーテンを閉めれば安心してしまう方がいますが、カーテンの上に隙間が空いているとカーテンで熱を閉じ込めることができず、どんどん暖かい空気を部屋に入れてしまいます。
カーテンボックスはカーテンレールに取り付けるフタのようなもので、暖かい空気がカーテン上部の隙間から侵入することを防ぎます。
一番最初に検討する対策法としてオススメです。

断熱性のあるカーテンに変える

夏の暑さ対策では、断熱性とUVカット機能のあるレースのカーテンがオススメです。
紫外線対策をすると居住者はもちろん、家の床や家具を日焼けから防ぐこともできて、レースであれば採光も確保できます。
夜のことも考えると、厚手の遮光・断熱カーテンもオススメですが、夏の暑さは日中にピークが来ます。
高機能カーテンは冬の寒さ対策にも効果的なので導入する価値はありますが、夏の暑さだけを重視したい場合はレースのカーテンから見直してみるとよいでしょう。

すだれ

夏の暑さ対策で人気の高いグッズは「すだれ」です。日本の伝統ある暑さ対策グッズで、最近は断熱性に優れた高機能すだれを安くで買うこともできます。
西日対策にもなりますし適度な採光も確保でき、夏が終わったら取り外して、コンパクトに収納することも可能です。

窓の暑さ対策と寒さ対策は共通

夏に部屋が暑くなるのは窓から熱気や紫外線が入ってくるからです。
窓ガラスを断熱性の優れたペアガラスに変える雨戸を付けるフィルムを貼るといった対策も効果的です。
窓の暑さ対策は冬に冷気が入ってこないための対策と共通点が多いです。(熱い空気は上から、寒い空気は下から入ってくるという違いはあります。)
窓ガラスの対策方法についてはコチラのページでも紹介しています。
日本には四季があり、夏は暑くて冬は寒いので窓ガラス周辺の対策を取ると一年を通じて快適に過ごせるようになります。光熱費の節約にも繋がるので、一度見直してみるとよいでしょう。

▼ menu