窓掃除で困っている方は、今すぐ便利なアイテムを取り入れましょう!

子ページのヘッダー画像

試してみたいガラスの掃除術

試してみたいガラスのお掃除術では、新聞紙、スクイジー、カーメンテグッズの応用、両面ガラスクリーナーを紹介しました。安価な費用で劇的にガラス掃除が楽になります。
試してみたいガラスのお掃除術

ガラスの手入れは拭き掃除が中心になりますが、雑巾で水拭きすると水アカが付いたり、糸くずがガラス表面に付着します。
汚れの目立ちやすい部分なので綺麗に掃除すると気持ち良いですが、掃除して逆に汚く見えてしまった経験を持っている方も多いでしょう。
試してみたいガラスの裏ワザ的なお掃除方法をまとめました。

新聞紙

窓を拭くのに新聞紙は有効

窓を簡単にピカピカにできる定番のお掃除術です。
新聞紙を適度に丸めて軽く水を湿らせた状態で吹きます。
水分が多かったら乾いた新聞紙で乾拭きすると良いでしょう。
新聞紙についたインクと紙質はガラス掃除と相性が良く、汚れを綺麗に落としてインクで艶出しと曇り止め効果を与えられます。

スクイジー

実際に販売されているスクイジー

よくビルの窓ふき業者が使っているゴム製のハケのようなもので、ガラスワイパーとも呼ばれます。
軽い汚れは水だけをかけてスクイジーで水を落としていきます。
汚れの激しい場合は水に少量の中性洗剤を薄めてスプレーボトルなどで吹き付けてスクイジーで拭き取りましょう。 主にガラスの外側の手入れで活用します。
慣れると短時間でガラスをピカピカにできますし、スクイジーはホームセンターなどで安く手に入るので、持っておいて損はないです。

カーメンテグッズを活用する

ガラコのガラスコンパウンドクロス

車のガラスはスピードを出して走る分、汚れが付きやすく掃除にコツがいります。
カーメンテグッズは良い商品が多くて家の窓ガラスにも流用できます。

たとえばガラコのガラスコンパウンドクロスでは、少量の水に濡らして拭くだけで油膜を一掃してガンコな汚れも落としてくれます。 さらにガンコな汚れはキャロビンなど人気の高いクリーナーで簡単に落とせます。
拭き掃除で拭きムラや糸くずが付くのを防ぎたい場合は窓用マイクロファイバークロスを活用すると良いでしょう。
どれも数百円から千円程度の価格で手に入り、ホームセンターや部品量販店、ネット通販で簡単に手に入ります。

両面ガラスクリーナー

市販のガラスクリーナー

窓ガラスは内側よりも外側の方が汚れます。
1階やベランダは屋外から容易に掃除できますが、2階やマンションの窓ガラスは外側の掃除をすることが高難度になります。
そんな時は磁石を活用した両面ガラスクリーナーを活用しましょう。
磁石の力で外側にクリーナーを設置して内側から動かすだけで外側のお手入れを同時に行えます。
伸縮性のガラスワイパーを使う方法もありますが、横開きのガラスは一部で外側の手入れをできないところが出てくるので、マグネットタイプの両面クリーナーを活用するメリットは大きいです。

▼ menu