車検に通す際は小さなヒビでも修繕対象となります。

子ページのヘッダー画像

車のフロントガラスの修理に関する情報をご紹介

フロントガラスの特徴や割れる原因、修理相場、自動車保険が適応できるかどうかなどについて記載しています。
自動車(フロントガラス)
自動車のフロントガラス

フロントガラスの破損について

自動車などに使われているフロントガラスは、強度や安全性に非常に配慮して作られている特殊なガラスです。

非常に丈夫な構造ではありますが、破損する際には安全性を確保することを目的として細かく砕ける仕組みに造られています。
窓ガラス以外のガラスの中でもこの様に安全な割れ方を設計されているものは多くありません。

外部からの衝撃や内部からの衝撃など様々な可能性を考慮して設計されており、
いずれの場合も安全性を最大限に配慮した仕組みで作られているのが特徴となっています。

飛び石

フロントガラスを傷つける原因にはいくつかの問題がありますが、その中でも飛び石は主な原因として知られています。

飛び石で即割れることは少ないですが、ヒビが入ることがあるため放置せずに修理を行う必要があります。

窓ガラス以外のガラスの場合には放置するという選択肢もありますが、自動車に使用されるガラスということもあり、安全性への配慮から速やかな修理が推奨されます。

修理しない場合は、風雨に傷ついたままさらされることになりますので凍結や膨張など様々な要因によってヒビは広がり、最終的には割れてしまうことになるのです。

修理の料金相場

フロントガラスの修理には全交換か一部交換のいずれかを選択して行うことになります。

全交換の場合には自動車の種類によっては10万円を超えるケースも少なくありません。

しかしヒビがわずかである等、軽微である場合にはガラスの表面を削ることによってリペアすることも可能です。
この場合には修理のしやすさからより少額で修理できる場合もあります。

窓ガラス以外のガラスの多くは特殊な形状や仕組みを持っていることが多く、全般的に高価になってしまうので、修理に消極的になってしまうことも考えられますが、日本の車検制度はガラスのヒビはチェック項目になっていますので、ヒビが重度であったとしても軽微であったとしても、修理しなくてはならないのです。

自動車保険の適応可否

自動車保険

フロントガラスの破損の場合、相手を特定できないことも少なくありません。
飛び石を原因とする破損の場合等にそれを証明する術がないためです。

そのため、自動車保険で修理を行うためには車両保険への加入が必要になってきます。

最終的な修理費用はケースバイケースですので、修理費が確定してから保険を適用させるかどうか判断することをおすすめします。

▼ menu