ガラステーブルは、主に交換のため修理スピードは早いです。

子ページのヘッダー画像

家具・インテリアに使用されているガラスの修理について

日常の中にある家具・インテリアに利用されているガラスは、安全性を考慮して、強化ガラスが使用されています。そのため強度は一般のガラスの4倍程となっています。
家具・インテリアに使用されるガラス
ガラステーブルとショーウィンドウ

通常のガラスと言われているのはフロートガラスですが、強化ガラスや防音ガラスもこのフロートガラスを加工して作られています。

ガラスは窓ガラスに一番使われていますが、最近では家具やインテリアなどにも使われています。
よく目にするのが家具ではガラステーブルインテリアでは店舗や駅ビルなどのショーウィンドウなどです。

これらは安全性を考えて強化ガラスを使用していて、普通のガラスに比べ3.5~4倍ほどの耐風圧強度を持っています。

強化ガラスは一見普通のガラスと変わりませんが、
割れ方が違うので万が一割れたとしても粉々になり怪我をする恐れがないため『安全ガラス』とも言われているのです。

ガラステーブルやディスプレイでは割れる危険性があるため、より安全性を重視しなければならないということで強化ガラスを使用しているのです。

ガラスの種類は実に様々で、

  • 防音や防犯などの合わせガラス
  • インテリアを重視したデザインガラス
  • 耐熱ガラス
  • 防火ガラス

などがあります。

ガラス製品は丁寧に扱っていても、モノが当たってしまったり、劣化や直射日光などによって割れたり、ヒビが入ってしまうことがあります。

最近では対応も修理もスピーディーに行う業者が増えたため、修理にかかる時間や費用が明朗になり安心して依頼することができるようになりました。

窓ガラスの場合では、箇所や種類によって時間がかかる場合もありますが、ガラステーブルの破損などでは交換する場合が多いため、修理のしやすさではサイズやガラスの種類を考えてもスムーズに行うことができます。

今やなくてはならないガラスですが、住宅にしても窓や仕切りなどガラス面を多く取り入れた戸建てが増え、窓ガラス以外のガラスも棚板や水槽、キッチンの間仕切りや店舗の看板にも使われるようになりました。

また最近では、オーダーメイドのガラスも人気があり、強度や厚みを指定することができるほか、色やデザインを重視したものが注目されています。

わが家だけにしかないという満足感に浸りながら生活することで、充実感や心の余裕が生まれることも確かです。

家具だけでなく、アクセサリーや小物・置物にもガラス製品が使われていることもあり、「ここだけの逸品」は欠けたり壊れてしまった場合、修理してでも使いたいと思っている人が少なくありません。

そんな時はガラス修理の業者に相談することを考えてみるとよいでしょう。

▼ menu