ガラスの修理費用は地域や時間帯によっても変わってきます。

子ページのヘッダー画像

窓ガラスやガラス製品の修繕にかかる費用をご紹介

一般的なガラスの修繕の料金は「ガラス代(原価)」と「工事費(人件費)」と「交通費(距離)」で算出されます。特殊な工事が必要な場合は別途プラスされます。
ガラス修理の費用相場

窓ガラスをはじめとする修理費用は、修理箇所に使用するガラスの種類、大きさ、厚さなどによって大きく左右されるため、一概に相場を言えるものはなく、「見積もり」を必要とします。

それでも「いちいち見積もりを各業者から出してもらうのは面倒!」という方も多いと思いますので、あくまで概算とはなりますが、ガラスの大きさや種類に応じた相場を記載いたします。

皆様の業者選びの参考にしていただければと思います。

一般的にガラス修理にかかる費用は、

費用の算出方法

で割り出され、そこに特殊な工事を要する場合は別途加算される形で決まります。

ガラスの大きさ90cm×90cm・厚さ3mmの一般的なガラスの場合

このタイプのガラスを使用する場合、修理代金の相場はおおよそ8000円前後となっています。

ガラスの大きさが倍の90cm×180cmとなった場合には代金も倍近くの1万6000円前後となってきます。
同様にガラスの厚さが倍の6mmになった場合1万6000円前後が相場となります。

使用するガラスが強化ガラスやワイヤー入りの防犯ガラスなどの場合、同じサイズでも修理費用は2万円前後となります。

ただし、ガラスの種類や大きさ、厚さにはかなりの種類があり、
それぞれの修理費用は業者によってかなりバラつきがあるので注意が必要です。

中には相手が素人で相場をわかっていないことをいいことに、相場より割高な修理費を提示してくるような悪徳業者も存在します。

ここで言われている相場を基準にいくつかの業者で見積もりを出してもらい、一番対応が良く、修理費用も安く済む業者を選ぶのが良いでしょう。

地域・時間帯等による価格差

距離と時計

ガラス修理の業者は一部の大手を除いて個人レベルで運営しているところが多いため、それぞれ対応エリアに限りが出てきます。

そしてそのような小さな業者の場合、業者側から修理の現場が遠くなればなるほど出張費用(交通費)が追加料金として発生するようになっています。

出張費用は場所にもよりますが、3000円~くらいが相場となっています。

その点、当サイトで推奨する「ガラスのトラブル救急車」は日本全国対応しているガラス修理の大手です。

このような大手を選ぶことにより、余計な出張費などがかからないので、安価でのガラス修理が可能となります。

また、ガラスが割れたりするトラブルはいつ起こるかわかりません。
それが仮に夜中に起きてしまった場合、小さな業者では対応していないところが多く、すぐに不安を拭うことができません。

そういった場合においても、「ガラスのトラブル救急車」であれば365日24時間いつでも対応してくれるので安心です。

そして即日はもちろん、最短10分で専門の作業員が到着し、その場で状況確認をした上で見積もりを出してくれます。
夜中であっても特別な料金を請求されることもありません。

このように、ガラス修理の相場は一概には出しにくいという前提はありつつも、あらゆる面で「ガラスのトラブル救急車」を始めとする大手が中小の業者より優れているということがわかります。

これからガラス修理業者を探すのであれば、まずは安心の大手から選ぶことをおすすめします。

▼ menu